相続手続きをお考えの方


被相続人がお亡くなりになり、いざ目の前に相続という問題が表れると、いつまでに何をしないといけないのだろうか?と不安になり、みなさま急いでご相談 に来られます。

確かに、相続税の申告は相続開始後10ヶ月以内と決められていますが、相続登記は相続開始後○ヶ月以内にしなければいけないという決まりはございません。

もちろん罰金などもございませんので、まずは安心してご相談ください。

しかし、相続登記を放置したときにはデメリットが発生しますので説明させていただきます。


相続登記を放置することのデメリット

相続が開始し、遺産分割協議で、被相続人所有の不動産についてその帰属先が定まったとしても、その相続登記(所有者の名義を被相続人から相続人に変更・移転する登記手続)をするかはその相続人の任意です。期間の制限もありません。

しかし、そのまま放置しておくと、後になって相続登記が複雑になってきます。

被相続人が亡くなって時間が経過すると、相続人はピラミッド状に増えていきます。

例えば、ある人が亡くなってから何もせずに、子供、孫、ひ孫の代になって、さて相続登記をしようと思っても相続人は誰なのか又どこにいるのかが不明であれば、相続人を探し出すだけでも大変でしょう。

そして相続人を集めて遺産分割協議をしようと思っても、全員が集まれるかも分かりません。一度も会ったことがない人が相続人として現れるかもしれません。遺産分割協議が不調になれば、調停、裁判となる可能性も出てきます。

相続登記はいつまでにしなければならないということはありませんが、早めにすることをお勧めします。